配る場面を考えて制作

ノベルティグッズを制作する際、真っ先に考えておきたいのが「どのような場面で配布をおこなうのか」ということです。街中で不特定多数の相手に配るのか、もしくは来店者に限定して配るのかでも最適なアイテムは変わってきます。不特定多数の相手に配布するならばとても簡易的なノベルティグッズでも満足してもらえるでしょうが、来店者に配る場合にはある程度の満足度を得られるアイテムを配布しておきたいものです。

また、特定の性別や年齢層の方に配るものの場合、その性別や年齢の方々がどのようなアイテムを貰うと嬉しいのかをリサーチするべきです。さらに、自社PRのために配布するわけですから、自社の尊厳を傷つけるようなものではいけません。イメージにそぐわないようなアイテムを配ってもいけないわけですから、この点もしっかりと考えておきたいものです。

さらに、配布する時期も重要になってきます。うちわを冬場に配布しても喜ばれるわけがありませんし、その逆もまた然りです。そのため、季節感のあるアイテムをきちんとセレクトすることも大切ですから、ノベルティグッズを制作する担当になったからには、このような要素をすべて考えた上でゴーサインを出すべきです。