ノベルティの注意事項

企業やお店が自社商品などのPRをおこなうために用いることが多いのがノベルティグッズです。代表的なアイテムではポケットティッシュが挙げられます。街中などで配布しているあのティッシュもそれぞれのお店や商品のアピールをおこなうため、周知をおこなうために配っているのです。また、銀行などでも以前から様々なアイテムを顧客に配っていますが、これもノベルティグッズのひとつと言えます。

また、今はそこから発展するような形で、来店者にボールペンを配ったり、スマホグッズを配ったりと、それぞれの企業やお店が趣向を凝らしたものを配布しているのですが、これらを作成するためには当然ながらコストがかかってきます。そのため、ノベルティグッズの制作をこれからおこなう担当者や経営者などは、何を作るのかということを考えるわけですが、これからノベルティグッズを作るのであれば、ノベルティグッズにはノベルティグッズの注意事項があるということを覚えておきたいものです。

いくらお金をかけてノベルティグッズを作ってもそれが喜んでもらえなければ意味がないわけですし、逆に喜んでもらえるとしてもそこにコストがかかりすぎては意味がありません。また、たくさん作りすぎても余り過ぎてしまって、在庫を抱えることになります。そのような余計なコストをかけないためにもノベルティグッズをどのようなルールの中で制作すれば良いのかということを担当者は覚えておきましょう。